仟彭秤

仟彭秤

2019.07.03冉鴬yabo郊利鞠村
ナメクジは凛がoくてもで高を湖岑できることをk
 ナメクジは苧るい侭を腕い、圧い侭を挫む來|があります。しかし、乾叔枠極にある凛がoくてもナメクジは圧い侭に毛げることができるということが、h廠親僥親の防硫疏湊縮娩らの冩梢により苧らかになりました。
 
 ナメクジは葱夬を腕い、また俺奮宀の朕にとまりにくいよう、匚佩來であり、帛gも圧い侭を挫みます。苧るい侭に崔かれた栽、宥械は、乾叔枠極に匯ある凛を聞って圧い侭へと卞咾靴泙后しかし書指、翌親議にI凛を俳茅されたナメクジでも高を湖岑して圧い侭へと毛げzめることが苧らかになりました。
 
 さらに、そのH、ナメクジはで岷俊高を湖岑しているらしいことも蛍かりました。gH、凛をZわれたナメクジの^何だけに高を輝てても毛閲佩咾鯤召掘△泙拭云栖は凛に贋壓する麗|タンパク|のz思咾、でもkFしていることが蛍かりました。さらに、函り竃してきたに岷俊高を輝てた栽にも、の舞U飲が高鬴陲鯤召垢海箸苧らかになりました。
 
 書指のkの伏B僥議な吭xは噴蛍には蛍かりませんが、ナメクジが高を閲けるために、屈嶷の高湖岑Cを隔っていることが苧らかになりました。また、ナメクジの乾叔は、俳られても徭k議に壅伏することが岑られていますが、書指のY惚から、壅伏までの豚gは、を岷俊議に聞って高を湖岑していることも嚠襪気譴泙后
 
云冩梢撹惚は、TIJournal of Experimental Biologyに除晩巷_されます。
 
Nishiyama H, Nagata A, Matsuo Y, and Matsuo R.
Light avoidance by non-ocular photosensing system in the terrestrial slug Limax valentianus.
J Exp Biol (in press).
 

冉鴬yabo郊利鞠村